うつ治療を進めよう【できるだけ早めに受診】

ウーマン

治療方法の違いとは

カウンセリング

専門医にかかる理由

うつ病の治療には抗うつ剤による治療を中心とした薬物療法と患者本人の意識を前向きにすることを目的とした精神療法とがあります。薬物療法は特に抑うつの症状が強く出やすい従来型に効果的です。治療に用いる薬の多くは脳内の神経伝達物質に働きかける作用があります。うつ病の不安や緊張などの症状の原因になる神経伝達物質の減少を抑え、その数を増やすことによって症状を改善するものです。薬の持つ力をより引き出すためには体だけでなく心もしっかりと休ませることが重要であると考えられています。そのため、仕事を制限したり症状が重い患者であったりする場合には休職といった措置が取られる場合もあります。また家事や育児など家の中での仕事が多く、自宅ではなかなか休むことができない専業主婦の型などの場合には、入院を勧められることもあります。入院により自分のこと以外を考えなくても良い環境を作ることで薬の効果をより高める休息をとることが可能になります。精神療法が中心となる場合には薬物療法の場合とは異なり、休職や入院措置をとるケースはほとんどありません。医師からは可能な限り仕事を続けるように勧められます。この治療法が採用されるのは新型うつの場合が多く、その治療には何よりも生活リズムを整えることが重要であると考えられているためです。時短勤務や在宅仕事などでも構いませんし、それが難しい場合には家事でもよいでしょう。一日のスケジュールを組み、その通りに生活をすることを求められます。徐々に過眠や過食傾向が軽減され、沈みがちな気持ちも前向きになっていきます。うつ病の治療を知識のない人間が行うことは非常に困難です。患者の症状が悪化するだけではなく、家族もまたうつ病を発症する恐れがあります。そのような事態に陥る前に専門医に相談すべきです。そもそもうつ病であるかどうかを判断することは、専門家以外には大変難しいといわざると得ません。患者の多くは自分が精神を患っていることを認識しておらず、また強く否定する傾向があります。特に新型うつ病の患者は10代からの若年層に多くみられ、さらに学校や仕事がある平日は体調を崩し、休日は元気になるという特徴があります。そのため、単なるわがままであると見られてしまうケースも多々見られます。こうした理由から放置されてしまいがちになり、周囲が気づくころには症状が進行しているという状況も考えられます。それを防ぐためにお勧めしたいのが「自己診断」です。前述の通りうつ病は専門家以外が診断することはとても難しい病気です。心療内科や精神科のホームページなどで公開されている自己診断のためのチェックシートがあります。専門医の監修により作られており、またほとんどのものを無料で利用することが可能です。設問に沿って答えをチェックしていくだけで簡単に診断を行うことができます。これを家庭内で日常的に行っておくことで、家族の細かな変化にも気づくことが可能です。治療が遅れ、重症化することを防ぐためにこのような自己診断を習慣化することをお勧めします。大切な家族を守るためにも定期的な自己診断を行い、すぐに専門医へ相談することができるようにしましょう。