うつ治療を進めよう【できるだけ早めに受診】

ウーマン

高い効果が期待できます

聴診器

費用は抑えられます

現代の社会状況の急激な変化は人の心と体のバランスを崩してしまう事があります。頭痛やめまい、不眠等が慢性化し不定愁訴を頻繁にくり返す様なら心の病を疑った方が無難です。心の病の症状は人により異なるので、自覚するまでに時間がかかる事があります。日頃から仕事熱心で生真面目な人ほど体調不良が長期間続いても、気の病として簡単に考える事で忘れようと努力します。対応が遅れれば深刻な症状となる事があるので、周囲の人や家族が気付いてあげる事も必要です。中でもうつ病を患う人は年々増加しています。希望を持てず、何事にも悲観的になるのが特徴です。集中力が散漫になり、仕事の能率も低下するので職場でもミスを指摘される回数が多くなります。原因として考えられているのが脳内神経伝達物質の減少です。セロトニンやノルアドレナリン、ドーパミンが減る事で様々な症状が引き起こされます。抗うつ剤を使用して治療する事でこれ等を正常な状態に戻す事が期待できます。第一選択薬としてよく用いられるのがSSRIです。セロトニン不足を解消して不安や気分の落ち込みを抑えてくれます。そしてSNRIはセロトニンだけでなく、ノルアドレナリンにも作用するので気力や意欲が低下している人に効果があります。そしてNaSSAは強い効果を発揮する抗うつ剤として知られていますが、眠気等の副作用が出る事があります。しかし副作用を逆手に取って不眠症の治療に役立てる事もできます。これ等は比較的副作用の少ない新しいタイプの抗うつ剤として広く利用されています。個人差がありますが、約2週間から1ヶ月程度で効果が出はじめます。うつ病の治療は保険診療なので、3割負担で済ませる事ができます。週1回の治療を受けた場合には、月額約6000円から7000円程の出費が相場です。しかし完治できるまでの期間は人それぞれです。3ヶ月程で治る人もいれば、3年から5年間も通院しなければならない人もいます。更に心理療法等を受ける場合には費用も変わってきます。少しでも負担を減らす為にも自立支援医療制度の利用や精神障害者保健福祉手帳の交付を考えてみる事が必要です。うつ病を治す為には、精神科で専門医による治療を受ける事になります。効率よく短期間で治す為には医師との相性が重要です。医師の考え方や物事の捉えかた、話し方までが大きく影響してきます。一般的にうつ病を治すには長い期間が必要ですが、症状が悪化している場合には別の病院を利用してみる事も必要です。そして抗うつ剤だけでなく、心理療法でも効果が得られる場合があります。心理療法は医師だけでなく、在籍する臨床心理士による場合もあります。広く行なわれているのが認知行動療法です。気づきを日頃から意識する事で心の状態を安定させる事ができる様になります。相性の良い医師を見つけられれば効果も高まり、短期間で回復する事が期待できます。その様な医師による治療を受ける為には口コミサイトの口コミを参考にするのが得策です。実際に治療を受けた事がある人や今現在受けている人の貴重な体験談を知る事ができます。多くの人から人気を得ている評判の良い医師が在籍している病院なら安心して任せられます。